×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームヘルパー求人 備前市−福祉介護医療のお仕事派遣求人・ヘルパー2級取得講座

ホームヘルパー求人備前市ではヘルパー2級資格介護のお仕事派遣を紹介しています。

ホームヘルパー求人 備前市−福祉介護医療のお仕事派遣求人・ヘルパー2級取得講座

備前市ホームヘルパー資格無料資料請求はこちら

 ↓   ↓

まなびネット

◆◇ホームヘルパーにどんな仕事があるの?◇◆

ホームヘルパーの仕事は大きく分けると、「生活援助」と「身体介護」、それに「相談や助言」などがあります。

備前市の利用者がこの中からどのサービスを受けるかは、利用者の要望を聞くだけでなく、その人がどのような生活を送りたいのかをきちんとヒアリングした上で、それを実現するための手段として仕事を組み合わせていく必要があります。

サービス内容を決めるには、まずヘルパー・コーディネータが利用者宅を訪問します。そして、ケアマネージャーが作成したケアプランを参照しながら利用者やその家族と話し合い、どのようなサービスをどの程度提供していくかを決めていきます。

生活援助

洗濯や掃除、買い物や調理など、日常生活における家事全般をサポートする。

身体介護@(ヘルパーの判断で行えるもの)

食事や排泄の介助、体位変換、衣服の着脱、清拭など、要介護者の身体に触れながら行う介護のうち、医師等の指示を必要としないもの。

身体介護A(医師等の指示を必要とするもの)

疾病や障害によって医師から特別な指示がある人に対して、食事や排泄の介助、体位変換などを行うもの。

体介護B(通院に関連したもの)

送迎などの移動介助や診察立会い、内服薬受け取りなど、通院に関連した行為について行うもの。

ホームヘルパー求人備前市はこちらです

 ↓   ↓

【リクナビ派遣】時給1800円以上、未経験OK・・・お仕事情報毎日更新!

 

◆◇資格検定について◇◆

介護福祉の仕事をするならまずホームヘルパーの資格から、といわれるように、ホームヘルパー(特に2級)は介護福祉系資格の取得の第一歩として最適です。介護福祉士のような試験を受けて取得する「国家資格」とは違い、厚生労働省が認定した講習事業者の講習を修了するだけで資格が取れる「認定資格」ですから、比較的気軽に(とはいっても正規の講習を受ける必要がありますが、)取得できる資格といえるでしょう。

ホームヘルパーには1級から3級まであります。

ホームヘルパー3級

3級はいわゆる入門編で、計50時間の講習を受けるだけで取得できます。内容は、講義が25時間、実技講習が17時間、在宅サービスの現場を見学する実習が8時間。現在は3級の講習を実施する事業者や学校は少なくなっており、主に各地の自治体が実施しています。ただし、お仕事としてのホームヘルパーの募集は2級以上の資格取得者がほとんどなのが現状。3級でも募集している事業者もありますが、仕事の内容は要介護者の体に直接触れることのない「家事援助」の仕事だけの場合が多いようです。

実際には社内で研修を受けるなど、ある程度仕事に慣れるまでは「身体介護」のお仕事にはなかなか携われないようです。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーといえば2級。実際のお仕事も2級以上の資格を求められるケースが主流です。講習は計130時間。内容は、講義58時間、実技講習42時間、施設での介護実習などが30時間。講習を受けるには、福祉系専門学校に入校するか訪問介護事業者が実施している講座を受講することになります。最近では福祉系専門学校が主催する「自宅学習+スクーリング+実習」のカリキュラムで、短期間での資格取得が可能な講座などが人気のようです。

また、3級と同じく各自治体でも講習を行っているケースがありますが、応募数が多いためほとんどが抽選で受講が決まります。また平日・昼間のコースが多いので、仕事をしながら資格を取りたい人向きではないようです。

ホームヘルパー1級 

1級は、2級ホームヘルパーとしての経験をさらに深め、チームのリーダー的なヘルパーとして働く人を対象に定められた資格です。ホームヘルプについてのより深い知識や技術、また、主任ヘルパーとしてのノウハウについて学びます。

講習は計230時間。講義が84時間、実技講習が62時間、実習が84時間。主任ヘルパーは各ヘルパーをとりまとめるいわばチームリーダー的な存在。雇用形態も正社員や常勤が多く、当然給与も一般のヘルパーよりもアップします。


[PR]アルバイト求人 倉吉市|ホームヘルパー求人 大竹市|ホームヘルパー求人 周南市|福山市 障害者派遣|三次市 地方公務員|防府市 地方公務員